【鍼灸整体】最近よく見聞きする自律神経とは?自律神経が乱れるとどうなる?

2017.12.11

gatag-00013989

こんにちは、大阪・住之江「鍼灸整骨と健康美容の複合院 寺澤」の寺澤貴晴です😊

健康志向の方が多くなり、テレビやラジオ、雑誌などさまざまなメディアで健康に関する情報を取り扱うようになりました。
その中で自律神経について見聞きしたことのある方も多いのではないでしょうか?

よく見聞きする自律神経ですが、ここでは自律神経について詳しくご紹介していきたいと思います。

そもそも自律神経とは?

人間の体の中にさまざまな神経があることについてはご存知かと思います。

自律神経もそのひとつで、自律神経は主に循環器や消化器、呼吸器などの内臓の働きを調整してくれる神経になります。

24時間休むことなく働き続けている神経なのですが、自律神経の中には交感神経副交感神経の2種類があります。
明るい時間帯や体が活動しているときに活発になるのが交感神経で、夜や安静にしているときに活発になるのが副交感神経です。
このふたつの神経がバランスを取って機能しているのですが、このバランスが乱れるといわゆる自律神経が乱れるという状態になるのです。

自律神経が乱れるとどうなるのか?

自律神経が乱れると、体にさまざまな悪影響が出てきます。

例えば、不安感の高まり、緊張感の高まり、吐き気、多汗、倦怠感、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠などの症状が出てくるようになります。

また、循環器や消化器、呼吸器などの内臓の働きを調整してくれる自律神経だからこそ、内臓にも影響が出てきます。
胃酸が過剰に分泌されたり、腸のぜん動運動に異常が起こったり、呼吸が乱れたりすることもあります。

自律神経の乱れによって起こる症状というのは、日常生活の中でもよくある症状でもあります。

そのため、その症状が自律神経の乱れによって起こっているということに気付きにくい部分もあります。
実は体の不調が自律神経の乱れから来ているということもかなり多いのです。

自律神経はストレスや疲労、不規則な生活などで簡単に乱れてしまいます。
今の時代は特に乱れやすいと言えるでしょう。

その自律神経の乱れが自然と回復していけば問題はないのですが、自律神経の乱れが長期的に続くと自律神経失調症と呼ばれるものになります。

自律神経失調症になってからでも改善はできるのですが、自律神経失調症になる前に自律神経の乱れをどうにかしておきたいところです。

寺澤では、これから自律神経に関してのコラムを何度かに分けて連載していきます。
ぜひご覧くださいね。

自律神経の不調などでお悩みの方は、寺澤貴晴までご相談ください。

ご予約はお気軽にお問い合わせください😊
※公式ホームページを見たとお伝えいただくとスムーズです。
※大変お手数ですが、当日のご予約はお電話にてお願い致します。