TROUBLE更年期障害のお悩み

TROUBLEこんなお悩みありませんか?

更年期障害とは

女性の更年期障害とは、閉経前後の10年間に、不定愁訴と呼ばれるさまざまな不調を伴い、日常生活に支障が出ている状態を指します。
原因は、女性ホルモン(エストロゲン)が大きくゆらぎながら低下していく中で、加齢による身体の衰え、冷え性や貧血などの体質、落ち込みやすい・怒りっぽいなどの性格、不規則な生活、家や職場などの環境、食生活などが複合的に絡み合い、早い方では40代前半、遅い方では50代後半に表れます。

男性の更年期障害とは、加齢男性ホルモン低下症(LOH症候群)として、不定愁訴のほか、男性機能低下(ED)や泌尿器科症状、メタボリック症候群なども伴います。
原因は、男性ホルモン(テストステロン)の減少が引き金となりますが、男性の場合は環境による影響が大きく、30代から70代までかなり個人差があります。

寺澤では、鍼灸を中心に、つらい症状を緩和しながら、血流をスムーズにして代謝をあげたり、腎・肝機能をアップする施術を行います。
更年期障害やのぼせの根底には冷えがあるケースが多いので、遠赤外線を利用して足や鼠径部を温めたり、温活のアドバイスもいたします。
また、ホルモンバランスを整えるためには睡眠が重要ですので、不眠症・睡眠障害を伴う場合は心身の緊張を取る施術も取り入れていきます。

ホルモン剤の副作用がしんどい!年だから、体質だから仕方ない!という方も、諦めずに鍼灸で体調を整えながら生活&体質改善しましょう。

CUSTOMER'S VOICE鍼灸整体を受けられた
お客さまの声